レンタルオフィスとどう違うの?賃貸オフィスの特徴を知る


レンタルと賃貸の違いを知ろう

オフィスを開設するときには、レンタルオフィスや賃貸オフィスを選ぶ人も多くなっています。いずれも同じようなものという印象もありますが、設備やサービス内容には違いもあるのでまずはその違いを知っておきましょう。まずレンタルオフィスは、すでに家具や備品が用意されていることが多くなっています。これに対して、賃貸オフィスは自分で一から準備する必要があります。レンタルオフィスは内装工事も必要ないので、すぐに利用を開始できます。賃貸オフィスの場合は内装工事や設備の配置なども行うので、利用開始までにはそれなりの期間も必要です。レンタルオフィスは好立地でも安く利用できますが、賃貸オフィスの場合は立地によっても賃料は変わってきます。

より信頼性を高められる

賃貸オフィスは、レンタルオフィスよりも初期費用が高くなることや入居までにやや時間がかかるというデメリットがあります。とはいえ、シェアオフィスなどが住所になっているよりも、きちんとオフィスを構えていることは信頼性を高めることにつながります。レンタルオフィスでは、スペースも狭くなりますが、賃貸オフィスなら広さも自由に選ぶことができます。内装や設備を自由に選べるのも良いところといえるでしょう。オフィスを利用し続ける間は賃料を支払う必要もありますが、購入ではないので簡単に引っ越しができるのはメリットです。企業の規模や従業員の人数が変化しても、それに応じたオフィスに移転できるのも賃貸オフィスの良いところです。

港区で賃貸事務所を利用するなら、法人登記が可能なコワーキングスペースがおすすめです。それだけでビジネスステータスが格段に高まりますが、月額16,500円でフリーデスクなどがつかえます。