注文住宅は工務店とハウスメーカーどちらを選ぶ?


工務店へ依頼するメリット

工務店は下請けなどに依頼せず、職人がお見積もりから施工までしてくれるケースが多いので、人件費や中間コストがかからず、費用が安くすむ場合があります。使用する設備やメーカーに制限がないため、ご自身の希望に沿った注文住宅を建てることができます。工務店によって得意分野や建築する住宅には特徴があります。実際に依頼する前にホームページだけでなく、InstagramなどのSNSや工務店にある画像で施工事例を確認しましょう。地域に根付いて仕事をしているため、その地域の環境などにあった提案や行ってくれます。近くの工務店に依頼すれば、何かあった時も修理やリフォームの相談もしやすいでしょう。お見積もりやお問い合わせをしてみて話しやすい工務店を選ぶことが重要です。

ハウスメーカーへ依頼するメリット

ハウスメーカーは常設、もしくは定期的にモデルハウスを公開しているため、建てる前に実際の住宅を確認できます。宿泊体験ができるモデルハウスもあるため実際に設備や使い心地を確認ができ、イメージがしやすくなっています。ハウスメーカーは全国に拠点があり、注文住宅について日々研究、開発しているため高い品質の素材や設備を提供してもらえます。パーツを工場などで施工し、現場では組み立てるだけなどの工法もあるため、工期は短くてすみます。ハウスメーカーは全国に展開しているため、経営は安定しており、実績も豊富です。長期間のアフターフォローがついている場合が多いので、安心してお任せできます。

首都圏で注文住宅を検討している方に人気を集めているのが、千葉の注文住宅です。大手ハウスメーカーの対応可能エリアになっているエリアが多く、加えて、地場のメーカーも豊富に揃っています。