子供部屋は必要?まだ子供がいない段階で家を建てるなら


どのような間取りにするのか

注文住宅は、すでに規格が決まっている建売とは違い自由に部屋数や間取りを決めていくことができます。家族の人数に合わせて部屋数や間取りも考えていく必要がありますが、まだ子供がいない段階で家を建てるとなるとどのようにすれば良いか悩むところです。小さいうちは、特に子供部屋はなくても対応できますが、やはり中学生や高校生になると個室を与えることも考えていく必要があります。とはいえ、まだ子供がいない場合は、将来何人になるかすらわかりません。さらに、子供が独立した場合は、その部屋も必要なくなるのでそのことも考えなくてはいけません。子供部屋の広さはベッドや勉強机、本棚などを置くスペースが必要です。ひとりなら6畳あれば十分ですが、二人、三人と増えることを考えると広い部屋を作っておき、子供が成長したら間仕切りをして二部屋にするなどのアイデアもあります。

子供が独立した後の部屋の使い方

注文住宅で子供部屋を作るなら、子供が巣立った時のことも考えておく必要があります。特に、部屋は何もせずに子供が帰省したときに使えるようにしておくのもひとつの案です。結婚などで帰省の機会が少ないという場合は、その部屋をゲストルームにする、収納部屋にするということもできます。子供部屋は何かと散かりやすいので、片付けがしやすい工夫もしておくことが大切です。収納などもしっかりと考えておきましょう。広い部屋を作って、将来二部屋に分けるのであれば、リフォームで多くの手間や費用がかからないようにする工夫もしておきたいところです。さらに、部屋の位置は両親の目が行き届きやすい場所にするか、静かな場所が良いのかなど作る場所もよく考えておきましょう。

愛知の注文住宅を建てる場合、車通勤なら駅から離れた土地だと大幅に広い土地が見つかり、予算内に収まる可能性が高くなります。