理想の注文住宅は価値観により変わる!?いかに希望に近い住宅設計をするか


理想を追求できるのがフルオーダー

本当に住みたい家を実現するなら、注文住宅のフルオーダーがおすすめです。完全自由設計の家造りでは細部までこだわりを反映させられます。住宅設計で大切になるのは、家の用途を明確にしておくことです。断捨離を徹底して最小限のモノがあればよいと考えるなら、スペースが狭くても快適に過ごせるでしょう。逆に買い物が趣味という人であれば、十分な収納場所とスペースを確保する必要があります。子どもが大勢いる家庭であれば、子どもが遊ぶスペースや子ども部屋などが必要でしょう。家に求める要素は人により異なるため、完璧に理想を追求するのであれば建売住宅だと無理があります。注文住宅のセミオーダーという選択肢もありますが、住宅の基本設計は施工会社が決めるなど、完全自由設計というわけではありません。

理想の住宅に近づけるためのポイント

予算に上限がある以上、家造りでは妥協が必要になることがあります。理想に極力近づけるためには、費用対効果にこだわることがポイントです。まずは自分の希望をすべてメモしておき、それらに優先順位をつけていきましょう。さらにそれぞれの希望を叶えるために、どのくらいの費用がかかるか施工会社に確認を取ります。優先順位が同程度であれば、少ない予算で実現できる希望を優先します。一方で最優先の希望であっても、高額な費用がかかるようであれば実現は難しいかもしれません。また希望を実現する際には、それにより生じるデメリットにも目を向けておく必要があります。例えば、日当たりのよい部屋にすることで、冷房が効きにくくなる可能性があります。メリットとデメリットを天秤にかけて、住宅設計を詰めていくことが大切です。

少しでも費用を抑えて京都の注文住宅を建てたいなら、地元の工務店に相談するという手があります。地域密着型だからこそ余計な宣伝費をかけておらず、下受けや孫請け発注が無いため安く家を建てられるのです。