限られた敷地を有効活用!狭小住宅のメリット


土地の購入費を安く抑えられる

狭小住宅が持つ大きなメリットの一つとして、土地購入費が挙げられます。土地の価格は面積によって大きく異なりますから、狭小住宅なら購入費用を安く抑えることができるのです。敷地が狭ければ、当然家の中も狭くなってしまいますが、間取りに工夫をこらすことで快適性を向上させることができます。壁をなるべく減らして室内を広く見せる、地下に収納用のスペースを作るなど、様々なアイデアを取り入れることで、快適な家を建てることができるでしょう。

税金が安くなる利点も

敷地が狭ければ、土地の広さに比例して決まる税金も安くなります。まず不動産取得税が安くなりますから、家を建てる際に必要となる初期費用を節約することができるでしょう。さらに固定資産税や都市計画税といった、毎年支払わなければならない税金も安く済みます。

リフォームやメンテナンスにかかるコストが少なく済む

家は建てたら終わりではなく、その後も必要に応じてメンテナンスを行い、維持していかなくてはならないものです。外壁塗装や屋根の修理など、様々なメンテナンスが必要となってきます。広く大きい家は、それだけ外壁などの面積も大きくなりますので、修繕にかかる費用も高くなる傾向です。狭小住宅の場合、メンテナンスが必要となる部分の面積も小さくなりますから、修繕費用を長期にわたって節約することができるでしょう。

利便性の良い人気エリアに家を持てる

便利で住みやすい土地に家を持ちたいが予算が限られている、そんな場合でも狭小住宅なら、理想を実現できる可能性があります。人気エリアに家を持ちたいなら、狭小住宅について検討してみましょう。

狭小住宅は、狭い空間を最大限に有効活用するために、壁を必要最小限にデザインして空間を仕切らない工夫が施されています。