間取りを決める際に忘れられがちなもう一つの視点


部屋は実際の広さより利用効率で考える

広さを最優先に考えてしまうと収納スペースが足りなくなってしまう可能性が出てきます。生活をしていればたくさんの物が必要になり、当然それらの物を収納するためのスペースも必要になります。収納スペースが少なければ部屋の中に物を置かざるを得なくなり、かえって実質的に使えるスペースが狭くなってしまいます。適度な収納スペースで効率的に収納することが効率的なスペース利用に繋がります。

動線確認は優先順位を付けて確認

一緒に暮らす人全員にとって動きやすい動線を確保することが理想的ですが、必ずしも全員にとって満足できる結果に繋げることは簡単ではなく、そうならない場合も出てきます。そんな時、誰の意見を採用するのかを決めなければなりませんが、利用頻度に応じて優先順位を付けると合理的です。例えば洗濯機から洗濯物を干す場所までの動線確保にはそれを普段から行う人の意見を優先して決めるということです。そうすることでバランスの取れた動線を確保することができます。

コンセントは数と位置の両方を意識して決める

生活の中には多くの電化製品が必要になりますので当然コンセントも必要になります。大体利用するであろう電化製品を想定し、個数が足りているかどうかを考えがちになります。しかし、個数が足りていても家具などの配置によっては利用できなくなる場所が出てくる可能性があります。利用できなければあっても使うことがないので意味がありません。家具の配置も考慮して位置を考え、利用できる戸数が必要な個数に足りるように位置と個数を決めることが大切です。

大阪の注文住宅は、ハウスメーカーや工務店が建築していることが多いです。それぞれメリットとデメリットがあるので、妥協せず納得するまで検討して選ぶことが重要です。