注文住宅で駐車スペースはどうする?この基本ポイントをチェック!


スムーズに駐車や乗り降りできる?

注文住宅では設計の自由度が高いため、駐車スペースも自分たちの条件やニーズを考えながら、柔軟にタイプを選ぶことが可能です。とはいえ、一度完成してしまえば簡単に増改築しにくい部分なので、設計段階で慎重に検討することが求められます。その際には幾つかの基本的なポイントを抑えておくと、満足のいく駐車スペースを実現できるかもしれません。まず最初のポイントは、スムーズな駐車や乗り降りをする観点から、駐車スペースの設計を考えること。いくら立派なガレージを作っても、駐車に困難を極めたり、乗り降りで不自由すれば、結局は台無しです。道路や建物からの距離、あるいは敷地の形状や外構の状況等をよく計算した上で、使い勝手のよい快適な駐車スペースを設計しなければなりません。

車への価値観やライフスタイルも忘れずに!

注文住宅を検討している方の中には、車が趣味で高額な車種を所有している、交友関係が広いため来客も頻繁にあるなど、このようなケースもあるはずです。駐車スペースを考える際には、自分たちの車に対する価値観やライフスタイルも含めて、総合的に判断することも重要なポイントになります。例えば高級車を所有しているのであれば、イタズラや盗難などのリスクを避けるために、厳重なセキュリティ対策を施した、カーゲート付きの駐車スペースが必要になるかもしれません。あるいは頻繁に来客がある家ならば、来客用のスペースまで考えて、駐車スペースを設計する必要もあります。いずれにしても駐車スペースを設計するのであれば、施主それぞれが抱える個々の事情も忘れてはならないでしょう。

お金にゆとりがでてきた人が、名古屋の注文住宅の検討に入る場合、押さえておきたいことがあります。それは、販売実績のある不動産屋に相談できるかどうかでしょう。