賃貸物件を探すならばオール電化!オール電化の物件を選ぶメリット


オール電化は事故のリスクを減らせる

コンロや給湯器でガスを使うときには、爆発や周囲にあるものへの引火といった事故を心配しなければいけません。もし、火事が起きていることに気が付かなければ、火は燃え広がり住まいや財産を失うことになるでしょう。また、ガスは一酸化炭素中毒やガス漏れ事故にも警戒が必要です。特に一酸化炭素は無臭なので、部屋に充満していることに気が付かず命を落とす危険があります。ガス機器の点検やガス漏れ検知器の設置をしていれば、事故を抑制できますが完全ではありません。一方でオール電化の賃貸物件を選べば、火を使わないので火事や不完全燃焼などの事故は起きず安全です。電気でも漏電による火事などは起こるでしょうが、ガスを原因とする火事よりも可能性は低いでしょう。

料金の支払いを一本化できる

電気とガスを使っているときには、それぞれの事業者に料金を払わなければいけません。家計の管理をするときに、複数の支払いがあるのは面倒です。また、電気とガスは、事業に必要な費用を基本料金として徴収しています。基本料金は、電気とガスの使用量に関わらず支払う金額は一定です。オール電化の賃貸物件にすれば、ガス料金はなくなり電気料金に一本化できるので支払いは簡単になります。そして基本料金については、ガスは使わないので電気だけで済みます。電気の基本料金は、契約アンペアによって決まるので、契約アンペアが小さくても暮らせる一人暮らしや夫婦二人暮らしであれば、それなりの節約効果が期待できるでしょう。

千歳の賃貸アパートを利用することを考えている人は、ショッピングセンターなどに置いてある賃貸関係の雑誌で確認してみると良いです。